インサイドセールスは取引が成立する可能性が高い顧客と直接的に対面せず電話やチャット、メールなどで行う内勤型の営業手法です。この手法を導入している企業の現場では、頭文字を取ってISと呼ぶこともあります。営業担当スタッフが直接的に顧客を訪問して行う外勤型の営業手法は、フィールドセールスやアウトサイドセールスと呼ばれています。店頭での顧客対応やテレフォンアポインターなども内勤型営業に含むことがありますが、インサイドセールスとは異なる概念です。

この営業手法はたんなる顧客対応ではなく、電話やチャットなどを使い非対面で継続的な情報発信を行います。顧客対応は何らかの問い合わせがあったときに適切な回答を行うものですが、この手法では企業の方から情報を発信します。テレフォンアポイントメントはアポイントの獲得を主な目的としており、情報発信を行うインサイドセールスとは異なります。顧客の情報やニーズを知るために多くの企業が行っているのがテレフォンマーケティングです。

インサイドセールスは、テレフォンマーケティングとは異なり何度も継続的に顧客に対して情報発信を行います。継続的な情報発信によって顧客の成約意欲を高め、フィールドセールスに引き継ぐのが主な目的です。営業担当スタッフが1人でアポイントの獲得や案件化、提案や受注を行うには手間がかかります。インサイドセールスが案件化に至るまでの過程を担当すれば、効率的に取引を成立させて売上を増やすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です