インサイドセールスは内勤型営業とも呼ばれており電話やメール、チャットなどを使い非対面で継続的な情報発信を行います。顧客を実際に訪問する従来の外勤型営業は、フィールドセールスやアウトサイドセールスと呼ばれます。効率的に取引を成立させるには、インサイドセールスとフィールドセールスの連携が重要になります。内勤型の営業活動は従来の方法と異なり非対面で行うため、スタッフの手間や時間を省くことが可能です。

取引が成立する可能性がある顧客には成約意欲に違いが存在するので、企業は優先順位を決めなければなりません。スタッフが1日に使うことができる時間は限られており、優先順位の高い顧客を中心的にフィールドセールスが行われます。従来の方法では成約意欲の低い顧客のフォローが不十分だったため、商機を逃してしまうことがありました。内勤型の営業手法によって継続的な情報発信を行えば、細かな商機を逃すことがなくなります。

インサイドセールスは非対面の方法で継続的な情報発信を行い、顧客の成約意欲を高めるのが主な目的です。営業担当スタッフが1人でアポイントの獲得や案件化、提案や受注を行うには手間がかかります。案件化までの過程をインサイドセールスに任せれば、限られた時間を優先順位の高い顧客に集中して使えます。インサイドセールスはマーケティングの担当者などから引き継いだ顧客に対して、継続的なコミュニケーションを行います。

顧客の意欲が高まった時点でフィールドセールスに引き継げば、効率的に取引を成立させることができます。インサイドセールスのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です