インサイドセールスは内勤型営業とも呼ばれていて、電話やメールなど非対面の方法による継続的な情報発信で見込み客を獲得します。企業は顧客の成約意欲によって優先順位を決めた上で実際に営業活動を行わなければなりません。営業担当スタッフが1日に使える時間は限られており、成約率を高めるには優先順位の高い顧客に集中する必要があります。実際に顧客を訪問する従来の営業手法は、フィールドセールスやアウトサイドセールスと呼ばれています。

インターネットを使い対面で行われる営業活動はオンラインセールスと呼ばれます。オンラインセールスも対面で行うのでフィールドセールスの一種と考えられています。インサイドセールスをテレフォンマーケティングやテレフォンアポインターと混同するケースが多く見られます。いずれも内勤型の営業手法ですが目的に違いがあります。

テレフォンマーケティングは顧客の情報やニーズを知ることを主な目的としており、テレフォンアポインターはアポイント獲得が主な目的です。インサイドセールスは取引成立の可能性があるものの、成約意欲の低い顧客に対して非対面の方法で継続的な情報発信を行います。継続的な情報発信によって顧客の成約意欲を高め、フィールドセールスに引き継ぐのが主な目的です。スタッフが使える時間は限られており、フィールドセールスだけでは全ての顧客をフォローできません。

インサイドセールスとフィールドセールスが連携すれば、効率的に見込み客を獲得して成約につなげることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です