営業担当スタッフが使うことができる時間は限られており、全ての見込み客を訪問する余裕はありません。限られた時間を有効に活用して、優先度の高い顧客から営業活動を行う必要があります。スタッフが直接的に顧客を訪問して対面による営業活動を行う方法は、フィールドセールスやアウトサイドセールスと呼ばれています。インターネットを使い対面で行われるオンラインセールスもフィールドセールスに含まれます。

対面で行う外勤型営業活動であるフィールドセールスに対して、非対面で行う内勤型の営業活動がインサイドセールスです。この営業手法では電話やメール、チャットなどを使い非対面で継続的な情報発信を行います。最近では営業担当スタッフの負担を減らして効率的に営業活動を行うため、インサイドセールスを導入する企業が増えました。成約意欲が高い見込み客ほど優先度が高く営業担当スタッフは集中的に訪問する必要があります。

顧客間を物理的に移動して情報発信を行うには時間がかかるため、1日に対応できる数には上限が存在します。従来の方法では成約意欲が低い顧客を見逃してしまっていましたが、インサイドセールスを導入すれば効果的な営業活動が可能になります。まずインサイドセールスによって非対面で情報発信を行い、成約意欲が高まったところでフィールドセールスに引き継ぎます。この手法を導入すれば成約意欲があまり高くない顧客を取り逃すことがなくなります。

営業担当スタッフの負担を減らしつつ売上を増やす上で、インサイドセールスが重要な役割を果たしています。インサイドセールスのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です