インサイドセールスは実際に顧客を訪問するのではなく電話やメール、チャットなどを使い非対面で行う営業手法です。顧客を訪問して行う営業手法は、フィールドセールスやアウトサイドセールスなどと呼ばれています。企業が営業活動の対象としている顧客は全て優先度が同じというわけではありません。営業担当スタッフが対応できる顧客の数は限られているので、優先度の高い顧客からフィールドセールスを行う必要があります。

インサイドセールスは優先度の低い顧客に対して非対面で営業活動を行い、成約意欲が高まった時点でフィールドセールスに引き継ぎます。従来の営業手法であるフィールドセールスは顧客を訪問して見込みがあるものを案件化し、様々な提案を行います。外勤型の営業活動では1人の営業担当スタッフがアポイントの獲得や案件化、提案や受注を一貫して行わなければなりません。インサイドセールスでは基本的に顧客を訪問せず、電話やメールなどで継続的にコミュニケーションを取ります。

全ての営業プロセスを担当するのではなく、案件化に至るまでの一部だけを担当するのが特徴です。アポイント獲得を目的とするテレフォンアポイントメントや、顧客情報の獲得を目指すテレフォンマーケティングなどとも異なります。インサイドセールスはマーケティング部門などから見込み客を引き継ぎ、コミュニケーションを重ねて成約意欲を高めます。十分に成約意欲が高まったところでフィールドセールスに引き継げば案件化や提案、受注を効率的に行うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です