多くの企業が外勤型営業のフィールドセールスを行っていますが、最近では内勤型のインサイドセールスを導入するケースが増えました。インサイドセールスは電話やメール、チャットなどを使い非対面で営業活動を行います。特に企業を対象としたビジネスを展開している企業では、標準的な営業方法として定着しつつあります。この方法を導入すればスタッフの負担が軽減されて効率的な営業活動を行うことができます。

インサイドセールスでは取引が成立する可能性が高い見込み客と直接的に対面せず、電話やメールなど非対面の方法で営業活動を行います。実際に顧客を訪問するわけではないので、様々なデータに基づいて顧客のニーズを分析します。顧客の状況に応じて適切な営業活動を行い、徐々に顧客の成約に対する意欲を高めます。この営業手法はテレフォンアポインターやテレフォンマーケティングと混同されがちですが、大きな違いが存在します、テレフォンアポインターは顧客からアポイントを獲得するのが主な目的で、テレフォンマーケティングは顧客の情報を得ることが主な目的です。

インサイドセールスは電話を1回かけただけでは終わらず、繰り返し情報を発信し続けます。顧客の成約意欲を高めた上で、フィールドセールスに引き継ぐのが主な目的です。1人の営業担当スタッフがアポイントの獲得や案件化、提案や受注までを一貫して行うには手間と時間がかかります。インサイドセールスが案件化までのプロセスを担当すれば、スタッフの負担が減るだけでなく効率的に営業活動を行うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です