内勤型の営業手法には、インサイドセールスの他にもテレフォンアポインターやテレフォンマーケティングなどがあります。これらは似たような概念なので混同されがちですが、大きな違いが存在します。インサイドセールスとは電話やメール、チャットなどを使い非対面で行われる営業活動のことです。成約意欲が低い顧客に対して非対面で継続的な情報発信を行います。

テレフォンアポインターはアポイントの獲得を目的としており、テレフォンマーケティングは顧客の情報やニーズを知るために行われます。インサイドセールスは顧客の成約意欲を高めフィールドセールスに引き継ぐのが主な目的です。フィールドセールスはアウトサイドセールスとも呼ばれており、実際にスタッフが顧客を訪問します。スタッフが1日に使える時間は限られているので、対応可能な顧客の数にも上限があります。

フィールドセールスが主体だった従来の営業活動では、成約意欲の低い顧客のニーズを取り逃していました。電話やメール、チャットなどを使えば非対面で効率的な情報発信を行うことが可能になります。実際に顧客を訪問しなくても、継続的な情報発信によって成約意欲を高め案件化することができます。スタッフの負担を軽減しつつ効率的な営業活動を行うため、多くの企業がインサイドセールスを導入しています。

案件化に至るまでの過程をインサイドセールスが担当すれば、スタッフは重要な顧客に対して集中的に営業活動を行うことができ成約率が向上します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です