インサイドセールスとは取引が成立する可能性が高い見込み客にたいして、直接的に対面せずに営業を行う方法です。電話やメール、チャットなどを使い非対面で継続的にコミュニケーションを取る点に特徴があります。この営業手法を導入している企業では頭文字を取ってISと呼ぶこともあり、対義語はフィールドセールスやアウトサイドセールスなどです。日本語ではインサイドセールスを内勤型営業と呼ぶこともありますが、店舗における顧客対応やテレアポなどとは異なります。

内勤型の営業はフィールドセールスのような外勤型の営業と異なり、実際に顧客を訪問しません。顧客のニーズを様々なデータを分析して読み取り、非対面による営業活動を行います。インターネットを使い対面で行われる営業活動は一般的にオンラインセールスと呼ばれます。オンラインセールスはインターネットを使いますが対面で行うのでフィールドセールスの一種とされています。

実際に営業担当スタッフが見込み客を訪問するには時間と手間がかかります。全ての顧客を訪問するのではなく、成約の可能性が高い顧客だけに絞って営業活動を行えば効率的です。ただし成約の可能性が顧客も事情が変わることがあるので、インサイドセールスによって継続的な営業活動を行っていればビジネスチャンスを逃さずにすみます。顧客のニーズを掴んで売上を増やすためには、状況に応じて最適な方法を選んで営業活動を行う必要があります。

多くの企業がインサイドセールスとフィールドセールスを使い分け、効率的な営業活動を行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です