インサイドセールスは顧客と直接的に対面せずに行う内勤型の営業手法で電話やメール、チャットなどを使います。実際にスタッフが顧客を訪問して行う外勤型の営業手法はフィールドセールスやアウトサイドセールスと呼ばれます。企業がマーケティングによって売上を増やすためには、市場調査に基づいて魅力的な商品を開発するだけでなく積極的な情報発信が重要です。営業活動は商品などを顧客にアピールするのと同時に、様々なニーズを直接的に知る機会になります。

商品などの情報を詳細に説明したり、顧客の細かなニーズを知るにはフィールドセールスの方が適しています。しかし全ての顧客を訪れて営業活動を行うのは時間と手間がかかるため困難です。重要な顧客を絞ってスタッフが実際に訪問し、それ以外の顧客にはインサイドセールを行うと営業効率が高まります。フィールドセールスだけに偏った営業活動を行うと、成約率の低い顧客とのビジネスチャンスを逃す可能性が存在します。

電話やメール、チャットなどを使い継続的な非対面による営業活動を行っていれば小さなビジネスチャンスも確実に掴むことができます。一般的にインサイドセールスはテレフォンアポインターやテレフォンマーケティングと混同されがちです。テレフォンアポインターは見込み客からのアポイント獲得が主な目的で、テレフォンマーケティングは顧客やニーズに関する情報を得ることを主な目的とします。インサイドセールスは電話を1回かけただけでは終わらず、継続的な情報提供を行い相手との関係を構築します。

顧客の成約意欲が高まり案件が成立したら、フィールドセールスに引き継ぐことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です