営業支援とはスタッフをサポートして業務効率を高め、コアタイムを増やして売上の増加につなげるための活動です。コアタイムとは直接的に顧客へアプローチする時間のことで、営業活動に割く時間が増えるほど売上増加につながります。例えば見込み客に対するアポ取りや課題のヒアリング、案件化のためのソリューション提案や新規顧客に対するクロージングなどがコアタイムの代表例です。営業を担当するスタッフは日報や見積書の作成など様々な業務を行っており、無駄な業務を減らしてコアタイムを増やすことが重要な課題となっています。

営業支援によってコアタイムを増やすためにはプロセスや課題を明確化し、個別の事例に応じて最適な改善策を検討して実行しなければなりません。例えば顧客の名刺情報を紙や表計算ソフトで管理するには時間と手間がかかってしまいます。顧客情報を組織全体で蓄積できていたとしても、スタッフ共通の名刺情報はブラックボックス化しやすく営業の機会を逃す可能性があります。名刺をスキャンして顧客のデータベースを作成できる営業支援ツールを使えば、管理業務の煩雑さを回避して時間と労力に余裕を生み出すことが可能です。

デジタル化された名刺によって社内の人脈が可視化され、より戦略的な営業活動を行えるようになります。営業支援ツールを使うと顧客情報の管理だけでなくメールや文章のテンプレート化、データ入力の自動化などを行うことができます。顧客情報の管理などを効率的に行えばコアタイムを増やしてより重要な業務に専念できるため、生産性が大幅に向上します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です