営業の仕事は商品やサービスを販売するだけでなく、契約した顧客との有効的な関係継続などが主な仕事となります。ただし仕事をしている中で営業担当のスタッフが抱える仕事は増える事がおおく、結果として営業の仕事以外で時間を取られる事が多いのが現状です。営業支援では営業担当者の仕事を明確にするだけでなく、より営業の仕事に集中される事が重要です。営業支援のサポートによって営業の仕事を明確にし、目的にあって働き方を変えることで企業全体の成績や成長を高める事に繋がります。

実際に営業支援が行うポイントとして、抱えている仕事の内容を明確にしたうえで不要な内容を無くすという点です。もちろん仕事自体を完全に無くすのではなく、ただしい部署が担当出来るように振り分けるという意味も含まれます。マーケティング業務であればマーケティング部署が担当し、サポート内容であれば営業職ではなく営業アシスタントへの仕事へと振り分ける事が可能です。営業職が行うべき仕事に減らすことで、負担が減るだけでなく仕事に集中する事が出来ます。

また単純に減らすのではなく、より仕事の効率を高めるためにツールを導入したりプログラム化したりと働き方を変える事も大切です。営業支援では営業がよりよく働ける環境と仕事の内容を明確にすることで、導かれる結果をより良いものにする事が出来ます。営業職は企業にとっても重要な要でもあるので、意味と重要性を理解した上で支援していく事が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です