営業支援ツールは日々の営業活動を効率的にし、また社内での様々な情報伝達をスムーズにすると言う意味で非常に重要な役割を担っています。しかしほとんどの企業では営業支援ツールを導入したために、実際には営業マンの負担が大きくなっていると言うことが少なくありません。これはほとんどの営業支援ツールが最終的な業務効率を重視した工場となっており、営業マンの様々な業務負担を軽減するものとなっていないばかりでなく、また必要な情報ばかりでなくその他の情報も入力しなければならないと言う、負荷が大きくなる要素を持っているためです。企業は営業活動において様々な情報を入手し、これを上司に報告して判断を仰ぐと言う工程があります。

この工程をスムーズに行うことによって他者に先んじて効率的な活動を行うことができるようになりますが、従来は口頭や手書きでの報告書によってこれらを上司に伝達することが少なくありませんでした。しかし営業支援ツールの場合にはこれらの情報を全て規定のフォーマットに従って入力し、電子データとして保管することが義務付けられることが多いものです。活発に営業活動を行っている中で、これらの情報を営業マン自らが入力する事は決して負担の軽いものではありません。これらの情報を上司や関係部署が共有する事は非常に効果的なものですが、そのために営業マン本人の負担が大きくなり効率が低下したのでは本末転倒です。

営業支援ツールを選ぶ際には、入力をスムーズに行いこの負荷を軽減することも意識して選ぶことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です