SFAはさまざまなメリットを持ちますが、ここではBtoBに導入すると、どんな利点があるかを見ていきましょう。まず、もっとも分かりやすいメリットには「業務の可視化」が挙げられるでしょう。SFAを導入することで、営業活動がリアルタイムで可視化され共有化も可能になります。これにより、一連の営業活動の過程でのボトルネックが見つかり、チームプレーで改善策が講じやすくなるのです。

例えば、失注が商談の途中なのか提案後なのか見積書を出してからなのか、どの段階でうまくいかなかったかを分析できれば、その要因を探ることが出来ます。次に挙げられるメリットには、「業務の効率化」があります。営業の仕事にはクライアントへの提案や商談のみならず、付随する仕事が多くあるものです。例えば、顧客リスト整理・見積書作成その他、これらの業務がSFAの導入で軽減されれば、本来のコアな仕事に集中しやすくなります。

つまり、余計な労力や時間を省いて、業務全体の効率化が図れるということになるのです。さらに、SFAには「休眠顧客への再アプローチ」というメリットも期待出来ます。以前に取引があったクライアントで、いつのまにか取引がなくなりそのままになっている、そういう先はあるものです。そんな際に、なぜ取引がなくなってしまったか、その原因を分析できれば再度適切なアプローチが有効になることがあります。

この方法は、すでに休眠顧客となった先へのアプローチにとどまらず、現在の優良顧客を離さないためにも使えるという更なるメリットを生み出すでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です