SFAとは営業支援システムのことで、その目的は営業活動の可視化にあります。オフィスオートメーションによる業務の効率化が進むアメリカで開発されたもので、広大な国土で対面活動が難しい営業部門の業務を効率化することを目的としています。日本でも導入が進みつつありますが、これから導入を検討している場合は自社にあったシステムを選ぶことと営業活動の在り方の見直しが求められます。営業活動にSFAを導入するメリットは3つあり、そのひとつが営業活動を可視化できることです。

これまでの営業活動は紙面や口頭での報告のため、リアルタイムではなく情報の更新が遅れがちになります。この点モバイルを利用した仕組みを利用すれば即時更新だけでなく、データを蓄積できるので業務の振り返りに役立ちます。営業活動を標準化できるのもSFAのメリットです。営業活動は属人的なところがあり、それが営業成績に影響することから部門全体で見るとせっかくの機会を逃していることにもなります。

ですが情報を共有できれば、過去のノウハウを利用することができますし、顧客への効果的な営業アプローチが可能になります。営業活動の全体の効率化につながることもSFA導入で得られるメリットです。モバイル機器で出先から情報を入力できるので対面で上司や同僚に報告・連絡する時間を削減でき、空いた時間を営業活動に費やせます。その結果として成約案件が増えれば企業全体の業務効率改善と営業活動の強化に役立つことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です